梅雨の時期は歯が痛む

梅雨の時期となり、雨がぱらつくことも多くなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

梅雨の時期は歯が痛む。

実は、天候の変化が、歯に痛みを生じることもあります。

これは、治療が必要な歯がほとんどですが、天候の崩れによる気圧の低下は、低下した外圧との差で歯の内側から圧がかかり一時的に痛みがでることがあります。

もっとも、より大きな気圧差や気圧変化が急な場合の方がその可能性は大きいようですが、通常は痛みが出てない虫歯でも激しい痛みを伴う場合もあるようですので、そうなる前の早めの治療やメンテナンスを心がけましょう。

yjimage

 

一箕歯科医院 國分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です