秋から冬へ

11月も半ばとなりました。

紅葉も街へ降り、秋から冬へ、と移り変わっています。

街路樹を彩る紅葉は、桜やもみじの赤も素敵ですが、黄金色に輝く銀杏が見たくて、先日喜多方にある新宮熊野神社長床に行って来ました。

雑誌に掲載されているような黄金色の絨毯にはまだ早い時期でしたが、

バスが何台も入り、多くの観光客が、凛とした冷えた空気の中、参拝に訪れていました。

落ちる枯れ葉を見て、愁い思う日本人の感性は、四季のある気候から生まれる繊細なものですね。

寒さに自立神経が追い付かないこともありますが、日々健やかに過ごしていきたいと思っています。

1479011111625

dsc_0018

一箕歯科医院 酒井

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です