風薫る5月

カッコウが鳴き始め、初夏の装いを見せ始めたこの頃ですか、皆様いかがお過ごしでしょうか?

木の芽時は体調を崩しやすいと言いますが、自分自身の免疫力が向上すると言われている“血液オゾン療法”の研修会が昨日、一箕歯科医院で行われました。

発祥は古く、50年以上前からヨーロッパでは行われていた処方で、“若返り療法”としてエリザベス皇太后も受けたと言われるものです。
痛みが軽減すると言われるこの療法はこれからインプラント治療にも大いに期待できるものです。

医療は日進月歩進んでいます。皆様に良質で高度な歯科医療サービスを提供するために日々勉強を重ねています。

 

 

 

IMG00555

 

 

 

 

 

 

一箕歯科医院 酒井

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です